記憶の音

ずっとずっと遠い場所から、忘れかけていた笑いの声が、時々電波が途切れるラジオのように聞こえる。

子どもの頃は毎日テレビにかじりついて見ていたであろうそれは、当時ほど現在では熱を持って見るほどではなくなって久しく、そんな時間を積んでしまった自分でさえ、儚く散った命に思いを馳せる。

なぜ今だったのだろう。

なぜ世界を狂わすものはやってきたのだろう。

姿も音も香りもないそれは、なぜ容易く人の中に潜み、息の根を止めようと身を隠すのか。

特別熱を持って見ていた訳ではないけれど、ずっとずっと遠い場所から、幼かった自分の熱狂した記憶の音が流れる。

その音は、とても儚く、寂しく聞こえる。

なんだかとても儚くて寂しい時間が流れている。

春ここに

いつの間にか春がやって来ていて、自分の身近にも。

世間では新型コロナウイルスがなかなか落ち着かず、ここでも相変わらずマスクも買うことが出来なくて、かなり高い値段のマスクを手配しました。

どうしてもご訪問しないと出来ない仕事もあり、ご訪問先の方にとってはマスクをしていない者が来ることには抵抗があるのかもしれないので、マナーとしてマスクを付けるよう社員に指示を出してはいるけれど、会社から支給するマスクにも限界があり、あちこち見てみるけれど、やはり手に入らない。通常の10倍位の値段が付いているものなら、ネットで在庫があると記載されているので、仕方なく手配した。それでも、1ケース50枚入りとかで、社員に数日分しか渡すことが出来ない。

マスクされている方は多く見るけれど、どこで調達されているのだろう?

それでも、医療機関等が不足なら、そちらを優先しなければならないとは思うのだけど。

兵庫県もみるみる感染者が増え、いつの間にか全国ワースト1位になりそうな勢い。安心安全はなかなか難しいことなのだと実感する毎日です。

テレワークについてお問い合せいただくことがあるのですが、現行で行うにはセキュリティの関係もあり、全ての業務を在宅にすることはとても慎重に考える必要があると思います。実際クラウドが出始めたころ、全ての業務をクラウドでと言わんばかりにあちらこちらでクラウドが良い、オンプレは古いとか言われました。しかるべき審査する機関ですら、そんなことを口に出す始末。偏った知識はとても怖い。もちろんクラウドにはクラウドの良さ、オンプレにはオンプレの良さがあり、重要なのは運用する方々のセキュリティの意識。ここを安易にしてしまうと、企業情報が洩れ放題になることを自覚してほしいなと感じます。

確かな知識を持っている方に、企業の情報セキュリティを統括してもらわないと、大切なものが失われるかもしれません。

だからと言ってテレワークが出来ないわけではありません。使えるものをご提案出来るよう、弊社でも日々取り組み勉強しています。ぜひ、お問い合せください。

世界が混乱の中でも、季節は廻り、日本には春の気配。この桜は山桜かな?品種は分からないのですが、事務所の近くの歩道の横に、こじんまりと咲いていたもの。季節の流れにひと時の安らぎを感じた日。

信頼

とても久しぶりにブログを更新しようと思ったら・・・どこも出かけていないことに気が付き、家と事務所の往復をこの数か月は継続していました。そうこうしていると、新型コロナウイルスが猛威をふるい、多くの方が命を落とされ、弊社もマスクの確保に苦戦しながら、この異常なマスクの高騰に戸惑う毎日。この地域でもどこもマスクが売り切れ状態が続いています。早く治まると良いけれど。

そんな中、最近、弊社にやっと看板が出来、少し外観が会社らしくなりました。実に創業8年目の出来事です。お取引先様より自分たちにお声をかけていただける喜びを忘れないよう、これからもがんばらなければと思います。ありがとうございます。

ここ数か月、自宅と事務所の往復を繰り返している自分。年始に誓った、時間の管理がまだ上手く出来ていないのですが、それでも仕事が嫌いでなく、楽しく感じている。仕事が楽しくて仕方がない。自分の技術の足りなさも、日々少しでも向上したことを感じた時、とても楽しく思える。

まだまだ大丈夫。

仕事の関係で、あちこちの展示会へ足を運ぶ機会が多いのですが、最近、富士通の軽量モバイルノートを置いた展示会に多く出会います。

各メーカー様の商品説明や、デモをこのパソコンでコントロールしてご紹介されているところが多いのですが、各メーカー様の商品もとても参考にさせていただいてるのですが、つい目が行ってしまうのはこのモバイルノート。自分も持っているけれど、本当に軽い。そして早い。薄い。

正直タブレットより軽く、薄いのに、しっかりノートパソコンの使いやすさを兼ね備えている。これなら、どこへ持ち出しても苦痛でなく、タブレット感覚で持ち歩ける優れもの。USB TYPE-Aの数は少ないのですが、USB TYPE-Cが付いており、映像出力もこなせる。もちろんHDMIも標準で付いている。展示会で重宝されるのが分かる気がします。この小さなパソコン1台で、何でも熟せてしまうのだから。

自分の仕事は、信頼の上に成り立っているもの。だから、自分の扱う物にも信頼をし、取引先の担当者の方も信頼している。そして、ご紹介する商品も、信頼できるメーカーのものをお勧めしたいと思う。何より、私たちを信頼してお仕事のご依頼を下さるお取引先の皆さまに、裏切らないサービスのご提供が出来るよう、足りないものは補いながら、一緒に歩ける自分たちでいられるよう、一緒に悩み、一緒に前に進める技術、知識を日々高めていける、そんな企業を目指し今日もがんばります。

この胡蝶蘭、一度全部花が落ち、再度芽を出し咲きました。この胡蝶蘭のように、生きる力に貪欲でありたい。

もう少し、引きこもりはつづくけれど。

今年もよろしくお願いいたします

あけましておめでとうございます。

本当は、昨日が仕事初めではありましたが、昨日は新年会を兼ねた食事会や、各支店、営業所へお正月に頂いてきたお札を神棚へ納めたりなど、毎年新年に行う行事を行っていたため、実質今日からが仕事初めとなりました。

昨年度は、年始から年末まで、様々なことに奔走する1年でした。
時間が足りない。
そんなことをずっと感じて過ごしたのですが、時間が足りないと思う人は、自分の時間管理が出来ていないからであると、昔、何かの本で読んだことがあり、時間が足りないと言う言葉を口にしてはいけないはずなのに、理由にしている自分の不甲斐なさを実感した1年でした。

このままではいけない。

今年はまず、時間の管理をしっかり行える人に。
自らが行えていないものを、他人に求めても伝わらない。全員が同じ目標に向かうことの難しさも、自らが行えて初めて成立するのだと思う。だから、まずは自らを。

そんなことを目標に掲げて、今年も初めの一歩を歩み出しました。
多くの皆さまに助けてもらい、今の自分たちが存在していることを忘れず、もう一度初心を思い出し、社員一同、個々の技術を向上させ、今年も皆さまのお近くで活動させていただきます。
どうぞ、本年もよろしくお願いいたします。

新年が良い年でありますように

今年1年、弊社をご愛顧くださいました皆さま、また、ホームページをご覧いただきました皆さま、ありがとうございました。

今年は、本当に慌ただしく通り過ぎてしまったような年で、やらなければならないこと、やりたかったことが思うように捗らず、新年度へ繰り越しとなったものが多く残ってしまい、時間の流れの早さに戸惑った1年でした。

そんな思うように動くことの出来なかった私たちに、今年は多くの方からお叱りも受けました。そんな事態にも、寛容に対処していただいたり、体を労う言葉をいただいたり、器の大きさに本当に感謝の気持ちでいっぱいになった年でもありました。

私たちは、この気持ちにどのように応えなければならないのかを、しっかり考え、行動し、動ける力を身につけなくてはと感じています。

毎年ここで公言しながら出来ずにいるホームページのリニューアル。何とか進められたらと考えています。
もちろん、やらなければならないことが優先になりますが、もう公言して3年目になるので、何としてでもやりたいのです。
どうぞ、言葉を発せず応援いただければと思います。
そんな弊社を応援してくださる皆さまに、私たちが出来ること。それは、知識・技術の向上をしっかりし、迅速に対応していける力を増進させること。
新年度も、皆様に誇れる企業であるよう、努力してまいります。

また新年もよろしくお願いいたします。

朝来営業所開設のお知らせ

この度、株式会社コラボラボは、12月1日より朝来営業所を開設いたします。
社員一同、これまで以上に自己啓発に努め、一層精進してまいりますので今後ともご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

朝来営業所
〒669-5245 兵庫県朝来市和田山町法道寺381番地(和田山木材市場内)
TEL.079-672-6200 FAX.079-672-6201

姫路支店開設のお知らせ

平素は格別のご愛顧を賜り心よりお礼申し上げます。
この度、弊社姫路オフィスを本社のサテライトオフィスとして発足させておりましたが、令和元年10月1日、姫路支店として開設する運びとなりました。
これを機に、社員一同気持ちを新たに業務に精励する所存でございます。
今後も変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

松江城


この日はとても爽やかなお天気で、久しぶりに遠出をしたある5月のお話。

以前出雲へ出かけた時に、松江城の道路標識が記憶の片隅に刻まれて、一度は行ってみなければと思っていた場所。古い時代へ一瞬、時間旅行することが出来る場所は、とても心地よい。

このお城には、人柱伝説など、悲しい言い伝えも残っている。

その時代の人々にとって、命とはどんな重さがあったのだろう。今の時代の人々にとって、命とはどんな重さがあるのだろう。

消えてほしくなかった命がある。消えてほしくない命がある。

たったそれだけのことなのに、叶わないことがとても悔しい。

そんなことを考えながら、時間の歪を体験した一日。

姫路オフィス開設のお知らせ

平素より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

この度、4月1日より姫路オフィスを開設いたしました。

皆様の期待にお応えできる企業となるよう、社員一同、なお一層精進する所存でございます。

今後も、よろしくご指導下さいますようお願いいたします。

 

荒御魂

儚げな太陽の光が緩やかに大地を包み込み、ほのかな温もりを分け与えてくれる。布団の中の温度が意識を夢と現実の間へ留め、その場所が妙に心地よく、このまま終わらなければいいのにと思いながら起き上がれずにいた。

それから思っていたより時間が進んでいて、そうだ、今日は西宮神社へお札をお返しに行こうと決めていたことを思い出し、慌てて起き上がり、出発の支度をする。

数日前に十日えびすで賑わっていたであろう西宮神社は、思ったよりも多くの参拝者がいらして、まだ福笹をいただくことが出来た。お礼参りをし、西宮神社からそれほど遠くない位置にある、廣田神社へ向かう。

天照大神の荒御魂を祀られているこの神社は、勝負の神様。とても格式高い神社で、「日本書紀」にも登場する歴史のある神社。この日も多くの参拝者がお参りされていた。

新年であるからこそ、いろいろなことに勝てる年になるよう、多くの方の力が集まるこの場所から、自分も少し力を分けていただく。

今年も多くの力を授かりに歩くことが出来るといいなと思う。