真っ暗な空に、何かを投下されたのかと思うほどの一瞬の光と同時に、空全体をうねり狂う龍が泳いでいるかのような異様な気配と地面から響く雷鳴。

地球が壊れる。

そんな怖い夜だった。

昨日は夜遅くまで本を読んでいて、眠ろうと思った矢先に雷が襲ってきて、そのまま寝たのかどうかも分からないくらいの夜を迎えてしまった。

自分も雷は苦手だけれど、それを超える怖がりだった昔の飼い犬を思い出す。

彼はいつも凛としていて、あまり甘えた素振りを見せない犬だった。けれど、雷が異常に苦手で、いつもツンとした態度で接してくるのに、雷の音は遠くても分かるらしく、人間の耳にはほとんど聞こえていない音ですらキャッチする。

そわそわ座ったり歩いたりを繰り返し、昨夜のような狂ったような雷となると自分の脇の下に顔を突っ込み、ブルブルと震えていた。その間、ずっと背中を撫でてやり、遠ざかるのを待ったものだ。

彼が自分の世界から消えて20年以上になる。

昨夜も怖がっていたのだろうか。

ほら散歩道に咲く花に、雨上がりの雫が綺麗に輝いている。また今日が始まったよ。と笑いかける。聞こえているといいなと思いながら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です