新春のお慶び申し上げます

あけましておめでとうございます。
旧年中は、皆さまのご愛顧を賜りありがとうございました。
皆さまのおかげで、このように新しい年を迎えることが出来ました。
昨年以上、社員全員努力してまいります。
本年もよろしくお願いいたします。

今年の初詣はとても幸運な出だしで、行くところ行くところ駐車場も待たずに停車出来、参拝で人の波に流されてと言うこともなく、順調にお参りすることが出来ました。
年の始まりが良いと、何だか全てが良い方向に進める気がして、また、がんばろうと言う気持ちになります。

あまりおみくじを引かないけれど、1年に1度だけ、必ずここでのみ引くと決めているお寺があり、今年もそのお寺へ初詣に。
そのお寺だけ1日ではなく3日にしたのですが、その日のその時間は土砂降りの雨。
傘から流れる雨粒が大きな雫になって足元に落ちる。
それでも、それほど待たずに参拝することが出来たのは、この雨のおかげかもしれないと思いながら、境内へ。
そこのおみくじは、おみくじと一緒に小さなお守りが付いていて、そのお守りを毎年財布に入れ守っていただいています。
今年手にしたお守りは「鷽鳥(うそどり)」。
初めて目にしたそれに、これはどんな意味があるのかを調べてみると、悪いことを嘘に変えると言う意味があるのだとか。
こんなすごい神様。
お守りをいただきたくて引くおみくじも、もう何年になるのか忘れてしまったけれど、毎年異なる種類の神様を手にしていたのに、この鷽鳥は初めて。
何だかとても良い年になるのではないかと嬉しくなりました。

この神様に負けてしまわないよう、今年もがんばります。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です