謹んでお見舞い申し上げます

この度、西日本各地で発生した災害により犠牲になられた方々に心よりお悔やみを申し上げますとともに、被災された方々に謹んでお見舞いを申し上げます。被災地域の一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

株式会社コラボラボ

 

先日、岡山に行ったばかりで、その数日後、こんな大きな大雨の災害が起こるとは想像もしていなかった。被災された全ての方の気持ちを考えると、本当にいたたまれない。

自然の猛威に勝てない人の姿を思い知らされることが、本当に多くなった。

この豊岡市にも、市の中心を流れる円山川があり、その日、怖いくらいの雨が降っていて、避難するかどうかを迷っていた一人だった。けれど、夜中の避難であることと、道路を川のように流れる雨水に、避難することの方が危険だと感じたので、自宅で過ごしていた。

恐らく、被災地の方もそんな不安があったり、経験したことのないような豪雨で、急激な川の増水、避難に躊躇された方も多かったのではないかと思う。想像を遥かに超えた猛威の濁流や、土石流が押し寄せ、命を落とすことになった犠牲者の方はどんなに怖かったことだろう。自分ももしかしたらその一人であったかもしれない。生きるとは紙一重なのだと思い知った。

この町はぎりぎりのところで助かった。一部道路の浸水などあったものの、大きな被害とまではいかなかった。

ニュースを見るたびに犠牲者の人数が増え、映像に映し出される被災地は、地獄絵図でも見ているかのようで、心が痛くなる。

先日訪問した由加山蓮台寺。

こんな災害が起こることが分かっていたなら、被害が出ないことをお願いすれば良かったと後悔。もちろん、そんなことで助かっていたとは思っていないけれど、自分の心が楽になるだけの逃げの思い。そんな自分も嫌いになった数日。

怖かったであろう被害者の方々の心が、少しでも穏やかに過ごせる日がくるよう。そして、犠牲になられた方々が、怖い思いをされたままでなく、安らかに眠りにつけるよう導かれますよう。

祈ることしかできないけれど。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です