清らかな水に癒されて

水の綺麗な場所は空気も美しく感じる。とても清らかで、この場所を浄化しているかのように境内を流れる。心も洗われる。夕方なのに深呼吸をしたくなりました。

大きな鳥居から真っすぐに伸びた参道。その距離がまた、神聖な場所へと導いてくれ、特別を肌に感じる。

ここは、京都市にある下鴨神社。正しくは、賀茂別雷神社。

全ての造りが美しく、雅やか。ものすごく多くの方が参拝されていて、人の流れに流されながら歩く。

二ノ鳥居を通り抜け、細殿と呼ばれる建物の前には、円錐に盛られた砂の山が二つ並ぶ。清めの砂の起源となったものらしく、とても大きな力を感じる方もあるのだとか。触りたいけれど、縄で結界が作られていて、近づくことは出来ない。

力を下さい。

欲張りな自分にはどんな力が良いだろう。神様はきっと悩まれているに違いない。

欲張りな人は、底を知らない。

過去を忘れ、それらを得る前の自分など、気づくこともしない。新たに生まれる自分の欲求を満たそうとする。それが時に誰かを苦しめていたり、誰かを傷つけていることも知らずに。

けれどそんなことをしていたら、いつかは自分に、もしかすると自分より大切なものに返される。

昔、何かの本で読んだことがある。一瞬でも誰かを恨む気持ちを持つと、そのエネルギーは自分が瞬時に思う気持ちを遥かに超えた力となって届いてしまうのだと。怖い話だなと思いながら読んだけれど、その意味はなんとなく理解できる気がする。

自分しか見えていない人は、言葉巧みなことが多い。行動で示すことより、言葉で人を動かそうとする。その言葉には重みが無く、自分で責任を取ることも無く、どんなに素晴らしい言葉を連ねていても、誰の心にも響かせる力が無い。その言葉では人は動かない。

人を動かすことが出来る人、それは自らが行動する力で示される。自ら動ける人には、必然的に人が動いていく。

そんな人を知っている。

多くの人と接する機会が多い中で、そんな人はただ一人しか知らない。

自分にもそんな行動力を手に入れたい。そんな思いで円錐に手を合わせる。得られるか得られないかは神様が決めるのではない。自分自身のこれからだ。がんばろう。

少し空が滲んできて、一日の終わりが近づいてきていた。

今年のお正月休みの最終日のこと。

勝利を手に

雪は降らなかった元旦。

この神社のことは以前、あるお取引先の社長が、毎年お参りに行くと教えて頂いていたので知ってはいたけれど、近くの神社へお参りしていて、こちらの神社へ参拝したことはありませんでした。けれど、今年は導かれたかのようにこの神社へお参りすることに。

當勝神社。

兵庫県朝来市山東町にある、勝利を呼び込む神社として多くの方が参拝されている。

勝利を手にしたい。

勝利と言う言葉にはいろいろ意味があるけれど、もちろん、いろいろなことに勝ちたい。でも、自分の中の勝利とは、自分に勝ちたいが大きい。

今日の自分より、少しでも明日の自分は勝っていたい。明日の自分より1年後の自分はずっと先を歩いていたい。前に進み、後ろに下がりを繰り返してしまうかもしれない。それでも、負けてしまいたくない。悔しさに溺れて沈んでしまうことはしたくない。情けない涙を流しても、立ち上がれる人間でいたい。失敗しても、腐って息をする人間にはなりたくない。

勝ち取る力を得たい。

この神社へ参拝されている方たちは、とても透き通った、曇りのない人たちでいっぱいだった。

新しい年、はじめての深呼吸。

この空気が、自分の体内に流れ込み、きっと良い力を得られたと思う。

 

お多福桜と徒然草の法師様

寒波の到来で、雪舞う今日。雪が空中でひらひらと舞う景色は、小さな天使が舞い降りてきたかのように儚く美しい。その美しい容姿に隠れ、冷たい空気が弓矢となって矢を放ち、頬にちくちくと攻撃してくる。白い天使の裏には、小さな悪魔が隠れている。

寒い。

少し前のこと。今にも雨が降りそうな空模様でも、登山人が多く歩いておられた日。京都はこの日も多くの観光客で賑わっていて、いつ訪れても人があふれている都。そこには人を魅了する歴史と、古くから残る貴重なものが多く、特に秋には普段公開されないものを目にすることが出来る機会が増える。そして神社仏閣の美しい庭と紅葉、野山の自然が生み出した景色が何とも風情があり、国内外の人々に癒しを恵んでくれる。

仁和寺。

仁王門の真ん前はかなりの交通量がある道路。正面から眺めたいのに、眺めるには道路の向こう側に行かないと正面が見ることが出来ない。凄いところに位置しているけれど、このお寺は徒然草に登場する歴史のあるお寺。そのお話はあまり嬉しいお話とはいかず、どちらかと言うと、人に教えを説くための失敗談として登場する法師様のお寺。けれど、見方を変えると、それは、今の時代にも人の生き方にほんの少しの知恵を教えてくれている。良いお話なのです。

御室桜。「おむろざくら」。

桜が有名らしく、桜の季節なら良かったのにと思うけれど、丈の低さや枝が横広く広がっている様や、花が無い分幹にに刻まれた歴史をうかがい知ることが出来る。それもまた貴重だなと思う。

金堂へ向かう階段の両脇にそびえる紅葉が深紅に近い色に染まり、本当に美しく、晴れならもっと色が鮮やかに映えていたのにと、少し残念に思いながら上を向いて歩く。

綺麗な深紅。

今年最後の紅葉に魅了されながら、広い境内を散策して歩く。

肌寒いけれど、凛とした空気が心地良い。

そこまで冬は近づいていたある秋の日。

 

願いの重み

大阪天王寺にある堀越神社。

茶臼山古墳のすぐ入り口に有料の駐車場が出来ていて、その入り口に芝生の公園があり、小さなわんことフリスビーを投げて遊ぶ子供連れの家族がいた。

楽しそうに笑う子供の声と、嬉しそうに飛び跳ねるわんこ。とっても幸せがあふれる光景の向こう側で、真剣に祈りをされる方が途切れない場所がある。この隔たりが、後に消える日が来ればいいなと思いながら参拝した日。

一生に一度の願い事を聞いて下さる。と言われている。

欲張りな自分が、ただ一つのことをお願いする。何て重いことだろう。

いつも通り、欲張った願いをしてもと思い、普通であることを望み、祈った後、神社を後にしようと思った瞬間、ものすごい数のお賽銭の音が聞こえ振り返える。そこにはとても真剣に、長く祈られている方の後ろ姿が見え、自分が恥ずかしく思え、この日、ここへお参りに来たことを後悔した。

一生に一度の願い事などと言う、そんな願いのない人はお参りしてはいけないと感じた。

その願いには、自分のことであれ、誰かのことであれ、どうしても何とかしてもらいたいと言う気持ちが込められている。ここへ来るには、そんな深い思いが無くてはならなかったのかもしれない。自分の浅はかな行動は、神様に見透かされてしまったと思った。

もう一度、この神社へお参りに来よう。その時は、もう一度、深く心から祈ろう。

普通の毎日を送れることを。

 

凌雲

空高く飛ぶ鳥は、人も山も凌いで何を目にしているのだろう。

朝の冷え込みが急に厳しくなってきて、なかなか目が覚めない休日。以前から参拝したかった神社へ。

石清水八幡宮。

多くの名将が参拝したと言われる神社。男山と呼ばれる山の上にあり、参道はかなり長く階段も多い。

でも、足腰に自信の無い方でも大丈夫。ケーブルカーが行き来していて、片道200円で乗ることが出来ます。

それでも、参拝するには長い参道を歩きたいと思い、ひたすら歩いて登る。急な階段も数か所あるけれど、比較的緩やかな場所もあり、苦楽を存分楽しめる道で、道中にはかなりの大木が並び、時折鳥の鳴き声も聞こえ、心地よく歩くことが出来ました。

登った先には、大きな石の鳥居。その先には、お百度参り用の一ツ石と呼ばれる場所があり、その石の上にお賽銭が複数置かれている。何やらおかげがあるのかなと思って、自分もそこへお賽銭を置き、手を合わせる。

自分は何に勝負して勝ちたいのだろう。

勝ちたいものは多くある。けれど、その域に達していないから勝てないのであって、それはお願いして手に出来るものではないなと我に返る。

凌ぐ力を授かりたい。

何かに勝つより凌ぐことは難しいと思う。けれど、日本人は昔から凌ぐことに秀でている。戦国時代の武将なども、簡単に天下を取っていたわけではない。多くの困難や苦境に立ちふさがれても、凌ぐ力のある武将は生き残ってきたのだと思う。

途中で諦めてしまいそうになることも多くあるけれど、空を飛ぶ鳥のように、雲をも凌いで飛んでいきたい。そんな力があると苦しいことも楽しさに変わる。今、ゆっくりでも歩けることに感謝しよう。

南総門を抜けると本殿が見える。この門と本殿と続く道は、願いを告げる道。本殿を見ながら告げることで、ご利益があるのだとか。なぜ正面じゃないんだろう。これにも意味があるらしい。神様へ背を向けて帰らないように建てられているのだとか。何とも細やかな心遣い。

帰りの駐車場の守衛さん方もとても親切で、帰りまで頭を深く下げてお見送りして下さった。最後まで心地よく過ごせた数時間。また来たい。

この日は空はとても晴れていて、穏やかな日差しが心地よい日だったけれど、空気はとても冷たく、冬の訪れを感じられた日。すぐそこに冬将軍が近づいているのかもしれない。

 

時間との闘い

空模様もよく、ドライブ日和だったので、車を走らせてたどり着いたお城。

思っていたよりも天守は小さかったけれど、何だかものすごい人・人・人。どうやら、築城410年祭の最中だったよう。

知らずに天守内見学の列に並んでいて、待ち時間2時間。夕方6時頃になってしまう。もう辺りは真っ暗になる時間。残念ではあったけど、見学を諦めることに。また、次の機会があればにしよう。

天守の裏に回って降りることにしたら、そこにはすごい石垣。天守は見学出来なかったけれど、それ以上に感動。

どれくらいの人の力が、この石を積み上げて行ったのだろう。

昔の人々は、本当に我慢強く、力を合わせてコツコツと、頭の下がる作業をやり遂げられたのだなと思いを馳せる。

彦根城の内堀を周るだけでもかなり距離があって、汗ばみながら一生懸命歩く。

途中、秋に咲く種類の桜がちらほら咲いていて、心に癒しを。

琵琶湖を周って帰路に就く。

冷たい風が頬を掠めた。

天に掛ける橋

天に掛ける橋、現世に語り継がれる伝説は遠い時代のお話だけれど、未来へと夢が続く。

京都府宮津市。日本三景のひとつ、天橋立にある籠神社。

綺麗に管理されている神社。残念なことに神門から中の撮影は禁止されていました。

近くにあるので、かなりの頻度で天橋立は訪れているけれど、この神社は初めて。こんな綺麗な神社があるとは思ってもいませんでした。神社にお仕えする方の人数も多く、観光客の方も多く参拝されていました。

この神社の奥宮真名井神社は、豊受大神が鎮座された地と言われていて、そこには「天の真名井の水」が。神様の世界の水を持ち帰ったと伝えられ、多くの方がこの水に力を感じ、訪れる方が多いのだそう。

「力」を授かろう。

何かに助けられる「力」、誰かに助けられる「力」、もちろんそれらも「力」。けれど、今自分に足りないものは、自分の中に眠る小さな「力」を呼び起こす「力」。それはちっぽけな「力」かもしれない。でも、自分を見失わず、自分を信じること。時には思いを曲げることも、時には意に反することもあるかもしれない。それでも、芯にあるものは常に1本の糸を通し、その糸が切れてしまわないよう、歩いていく「力」。

そんな「力」を授かろう。

多くの神伝説があるこの地には、天に掛ける橋が今の時代にも受け継がれ、ずっと多くの方の力であるといいなと感じた。この日も、心地よい風が通抜ける。

桃太郎さん桃太郎さん、お腰につけたきびだんご

猛暑だったこの日、岡山市は気温36度。空気中のあらゆる物質から熱を発しているかと思うほどの暑さで、車から降りた瞬間眩暈がする。

吉備津神社。

とても開放的で、多くの方が参拝されていた。

国宝の本殿は本当にすばらしく、美しい作りで、思わず「かっこいいなぁ」とつぶやいたほど。

鬼退治。

自分の中の鬼に、そして、人を苦しめる鬼に。

鬼退治。

桃太郎のお話のもととなった鬼退治伝説のように、変化自在に姿を変え、追求する力強さを肖ろうと手を合わせる。

鬼退治。

この本殿の少し横には、樹齢300年の銀杏の木が空高くそびえ立つ。その太く大きな幹が、その木の生きてきた年月を刻んでいる。どんな歴史を眺めながら、この場所で300年過ごしてきたのだろう。これから先、300年生きたなら、どんな未来を見ていくのだろう。

鬼退治。

少し鬼退治出来た気分になり、帰りは少し心が軽くなった気がする。良い時間を過ごせたことに感謝をして神社を後にした。

世の中に山てふ山は多かれど

この日はほとんど太陽の日差しは見えず、それでも多くの方がお参りされていたお寺。

比叡山延暦寺。

ここは根本中堂。鐘を撞くのに並ぶ人々。他の方を案内されていた方の話を小耳にしたところ、鐘を撞くことで願が叶うとされているとか。ずっと以前から一度は訪問したかった場所ではあったのに、あまり下調べもせずに来てしまい、詳しい歴史も、どうして人々が多く集まるのかも、知らずに訪れてしまった。それでも、心地よい風が吹き、帰るまで雨も降らず、何となく歓迎してもらえたのかもと少し嬉しくなったのでした。

基本的に、感覚で動く傾向のある自分は、あまり計画を立ててお参りなどするのではなく、自分の心が惹かれる場所を、その日の感覚のみで移動すると言う、とんでもなく無鉄砲な性格のため、知らないことをその場で知ることが多い。でも、そんな感じが好きで、あまり詳しく調べてしまうと新鮮な目でその場所を見て感じることが出来ないので、行き当たりばったりの方が楽しいのです。

釈迦堂。

階段を降りながら見えてくるこのお堂は、ラストエンペラーを思い出す建物。天気がよければ、とても綺麗だったのにと思う。移動に長い階段を降りる位置にあるお堂。それがとても新鮮に感じる。お寺でも神社でも、階段を昇ることが多い。この降りる位置から見えてくる光景が不思議な感覚と、迎えてくれる周囲の樹木がものすごく高く、吸い込まれていくような錯覚がある。

横川中堂。

曇っているのに、何故か日が差しているように明るく見える。ここが舞台作りと言われ、階段を昇るお堂。ここでは真剣に護摩に願い事を記されている方がいて、本当は自分もと思っていたけれど、邪魔になってはいけないなと思い、通り過ぎました。何か苦しまれていることがあって、ここへ来られていたのかもしれない。

いろいろな方のいろいろな思いがあふれ、それを受け止める場所として存在しているのだとしたら、大切に維持していかなければならないなと感じました。世界平和と記された蝋燭が灯されていて、どうかその願いが、世界中の方々に届きますようにと、自分も小さいながら手を合わせました。

その願いが届きますように。

極楽浄土の入り口

紫陽花の花を観たくてこのお寺へ行ってみたけれど、湿度がものすごく高く、気温も33度。過酷な山登りになってしまいました。

あまりにも暑いので、紫陽花も多くが頭を垂れていて、水分がほしいと訴えているようでした。紫陽花の季節が真夏なら良かったのかもしれない。兵庫県小野市にある浄土寺。山号を極楽山と言う。ここはもしかしたら極楽浄土への入り口かも。

裏山に入っていくと、小さなお地蔵様がかなりの箇所に点在し、その山道の周りに数種類の紫陽花がかなりの背丈で迎えてくれる。かなりの方が参拝を兼ねた紫陽花散策にこられていました。国宝の浄土堂があり、おそらく阿弥陀三尊系像など拝見出来たのだろうけれど、しっかり戸締りされている各種お堂は外からはその様子を見ることは出来ず。何人かの方は中へ上がっておられるようであったので、もしかすると予約か、お寺にお願いすると入らせて頂けるのかもしれない。

紫陽花を目的としていたので、とりあえず順路通り。

途中から紫陽花は無くなるけれど、どこへ向かうのかと歩き続けると、いつの間にか元の入り口に戻ってきた。それほど急な坂道とかある訳ではないのに蒸し暑さが体力を奪い、戻ってきたらすっかりぐったりとなってしまう。極楽浄土はそんなに簡単には行かせてもらえないらしい。

それでも鶯が鳴いていて、これで少し風でも吹いていれば、とても心地よく歩けたのかなと思いながら、歩いている時間はただひたすら、どこに行くのだろうと言う高揚感を体験することが出来ました。

外を歩くと言うことは、人にとって大切なことだなと感じることが出来て良かった。