姫路オフィス開設のお知らせ

平素より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

この度、4月1日より姫路オフィスを開設いたしました。

皆様の期待にお応えできる企業となるよう、社員一同、なお一層精進する所存でございます。

今後も、よろしくご指導下さいますようお願いいたします。

 

荒御魂

儚げな太陽の光が緩やかに大地を包み込み、ほのかな温もりを分け与えてくれる。布団の中の温度が意識を夢と現実の間へ留め、その場所が妙に心地よく、このまま終わらなければいいのにと思いながら起き上がれずにいた。

それから思っていたより時間が進んでいて、そうだ、今日は西宮神社へお札をお返しに行こうと決めていたことを思い出し、慌てて起き上がり、出発の支度をする。

数日前に十日えびすで賑わっていたであろう西宮神社は、思ったよりも多くの参拝者がいらして、まだ福笹をいただくことが出来た。お礼参りをし、西宮神社からそれほど遠くない位置にある、廣田神社へ向かう。

天照大神の荒御魂を祀られているこの神社は、勝負の神様。とても格式高い神社で、「日本書紀」にも登場する歴史のある神社。この日も多くの参拝者がお参りされていた。

新年であるからこそ、いろいろなことに勝てる年になるよう、多くの方の力が集まるこの場所から、自分も少し力を分けていただく。

今年も多くの力を授かりに歩くことが出来るといいなと思う。

新春のお慶び申し上げます

あけましておめでとうございます。
旧年中は、皆さまのご愛顧を賜りありがとうございました。
皆さまのおかげで、このように新しい年を迎えることが出来ました。
昨年以上、社員全員努力してまいります。
本年もよろしくお願いいたします。

今年の初詣はとても幸運な出だしで、行くところ行くところ駐車場も待たずに停車出来、参拝で人の波に流されてと言うこともなく、順調にお参りすることが出来ました。
年の始まりが良いと、何だか全てが良い方向に進める気がして、また、がんばろうと言う気持ちになります。

あまりおみくじを引かないけれど、1年に1度だけ、必ずここでのみ引くと決めているお寺があり、今年もそのお寺へ初詣に。
そのお寺だけ1日ではなく3日にしたのですが、その日のその時間は土砂降りの雨。
傘から流れる雨粒が大きな雫になって足元に落ちる。
それでも、それほど待たずに参拝することが出来たのは、この雨のおかげかもしれないと思いながら、境内へ。
そこのおみくじは、おみくじと一緒に小さなお守りが付いていて、そのお守りを毎年財布に入れ守っていただいています。
今年手にしたお守りは「鷽鳥(うそどり)」。
初めて目にしたそれに、これはどんな意味があるのかを調べてみると、悪いことを嘘に変えると言う意味があるのだとか。
こんなすごい神様。
お守りをいただきたくて引くおみくじも、もう何年になるのか忘れてしまったけれど、毎年異なる種類の神様を手にしていたのに、この鷽鳥は初めて。
何だかとても良い年になるのではないかと嬉しくなりました。

この神様に負けてしまわないよう、今年もがんばります。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

本年もありがとうございました

師走とは、本当にあっと言う間に時間が消え、本日、仕事納めの日を迎えることになりました。

今年1年、弊社をご愛顧くださいましたお取引先の皆さま、そして、こちらのホームページまたはブログをご訪問くださいました皆さま、また、いろいろなことでご協力、ご指導くださいました皆さま、本当にありがとうございました。

今年の年明け早々、今年こそは弊社のホームページをリニューアルするとお約束し、スタートしたのですが、申し訳ありません。お取引先からのご依頼を優先しており、今年は自社のことに取り掛かる時間を作ることが出来ませんでした。嘘つきにはなりたくなかったのですが、結果的に嘘つきになってしまいました。申し訳ございません。これに懲りず、気長にお待ちいただけると嬉しいです。

今年を振り返ると、災害が多い年で多くの悲しいニュースが流れた年でした。新年は、被災された方々が少しでも安らげる環境が整い、そして、これ以上災害で悲しむ方が増えない年であるといいなと思います。
また、自社としては、いろいろな手続きに奔走する1年でした。
その手続きを行う過程や、手続きの最中で、つくづく感じた言葉のコミュニケーションの難しさ。文字に置き換えることで伝わらなくなる。そんなことを何度も経験した年でした。文字は、読み手の心の持ち方で、同じ言葉が様々な感情表現に変化してしまう。音で伝えると、笑う、悲しむ、怒るが伝わるけれど、文字だけでは伝わらない。こうして、ブログと言う形で言葉を発信しているけれど、読んでくださる皆さまに、自分の思う通りには伝わっていない場合もあるのだと思うと、怖いことなのかもしれないと思う時があります。

また、音で伝えても、捉える側の受け取り方で変化してしまう。人には感情があり、その感情で誤った理解をされると、伝わるべきことが伝わらなくなる。人と人のコミュニケーションには、お互いの信頼が無いと、全てが上手く動き出さないのだと、思い知った年でもありました。

そんな疑心暗鬼になりそうな自分に、勇気をもらうことが出来たものがあります。弊社の社員証には、「わたしたちの信じる道」と言う訓示が記されています。それは弊社の社員に社長から向けた10の言葉。

・信じること—自分自身を信じ、仲間を信じることで、未来を切り拓いて行くことが出来る。

・夢中になること—夢中になることで、知らなかった世界を拓くことが出来る。

・楽しむこと—楽しめないことは長続きしない。それなら、どうすれば楽しめるかを考える。

・耳を傾けること—自分の声も、他人の声も、そこには貴重な考えが埋もれていることがある。

・恐れないこと—困難でも立ち向かう勇気を持つことで乗り越えられる。

・時間を大切にすること—時間は永久には存在しない。だからこそ大切に使わなければならない。

・偽らないこと—真実の声は誰の心にも届いて行く。それが原点だと知るものに未来はある。

・思いやること—他人を思いやることが出来ない人に力を貸してくれる人はいない。

・勉強すること—知ることを努力する人は、永遠に終わらない。

・動くこと—何もしないことほど残念なことはない。動くことは未来を変えることになる。

本来なら、訓示を公開することはありません。けれど、わたしたちは時々この訓示を目にすることで、原点を忘れず一歩ずつでも前進出来るよう日々努力していること、そして何より、この訓示をとても誇りに思って仕事に取り組んでいることを、ご訪問くださった皆さまにもお知らせしたかったこともあり、今回、掲載することにしました。

この訓示により、苦しい状況でも抜け出せる心の持ち方が出来、また、難しい状況でも取り組むことを継続する強い心を得ることが出来ました。

わたしたちの仕事は「黒子」。対価をいただき、ご希望の仕事が動く環境を作る仕事。動いて当たり前の仕事なので、評価されることはほどんどないけれど、安心してご依頼いただけることがわたしたちを評価してくださったことになり、それが喜びです。今後も、一生懸命努力してまいります。

新年も、変わらぬご愛顧を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

IT導入補助金対象 販売管理システム「COLABOON」登録

昨年度に引き続き、IT導入補助金対象ツールとして販売管理システム「COLABOON」を登録しています。

オリジナル販売管理システムで、カスタマイズ可能。

ただし、補助金は申請が必要となり、公募期間があります。

常に公募されている補助金ではありませんので、ご注意下さい。

詳しくは弊社までお問い合せ下さい。

軽減税率対策補助金対象POSレジシステム「COLABOON POS」販売開始

この度、株式会社コラボラボは、お客様からのご要望により、軽減税率対策補助金対象POSレジシステム「COLABOON POS」を販売開始しました。

2019年10月よりスタートする10パーセントと8パーセント税率完全対応レジ。

A-4型POSレジシステムとして登録されています。

カスタマイズ可能。基幹システムとの連携可能。

補助金申請期限は2019年12月16日まで。但し、補助金はお支払いが先行しますので、2019年9月30日までにお支払いが完了しているものが対象になります。

詳しくは弊社までお問い合せください。

 

コラボラボ工房始めました

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

この度、弊社は2018年4月25日、コラボラボ工房をスタートする運びとなりました。

まだまだ未熟な部分もあり、テスト運行に近い中からのスタートとなりましたが、企画、イベント、物作りのお手伝いをさせていただく部署として発足させました。

一歩ずつでも、お役に立てる知識と技術を身に着けるよう、日々努力を惜しまずがんばります。今後とも変わらずご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

 

[コラボラボ工房]

〒668-0013   兵庫県豊岡市中陰376-11

TEL(0796)34-6887  FAX(0796)29-2811

小さな自分

子供の頃、曾祖母や曾祖父と一緒にお参りに行っていたお寺。今思うと、曾祖母も曾祖父も、70代だったと思うのだけれど、随分おばあちゃんで、随分おじいちゃんだったように思う。二人の手と手に小さな手をつないでもらい、幼かった自分はこのお寺の坂道を上り、お参りしていました。

ここには、幼い頃の記憶が住んでいる。

京都府京丹後市にある如意寺。「日切の不動さん」と呼ばれ、多くの人が日々参拝されている。この日はあいにく、夜には台風が通過すると言われていて、空模様も悪かったけれど、何となくお参りしたくなったので訪れました。そう言う場所。

ここにくると、小さな自分を思い出す。曾祖母や曾祖父を見上げた姿を。大きくて、ごつごつしていて、温かい手を。背中の曲がった後ろ姿を。自分を呼ぶかすれた声を。

いつでも思い出す。

ここには、何十回、もしかすると何百かもしれないくらい参拝に来ていて、自分の中での歴史が長いお寺。

本堂にあるこのお地蔵様は、体の悪い所と同じ場所をさすることで、病を取り除いてもらえると言われている。

その本堂の横手には、白い萩の花が一面に咲いていた。

この季節に供えられるお餅を「おはぎ」と呼び、春のお彼岸に供えるお餅を「ぼたもち」と呼ぶ由来の花の一つ。萩の花。牡丹の花。そんなことも曾祖父母から教えてもらった。

秋のお彼岸。

また、ここで、小さな自分と曾祖父母と再会する。

 

八咫烏(やたのからす)に導かれて

やたのからすの道案内。

ここは神話の世界の生き物が、人の世界で表現された姿を目に触れることが出来る神社。弓弦羽神社。

いつかきっと、道に迷わずたどり着くべき場所へ導いてくれる。

この日、やたのからすに自分を知って下さいと伝えてみた。生きている中で、多岐にわたる選択など、自分に迷い立ち止まることが多くある。それは他の人にとっては些細なことであったり、とても重要なことであったり。そんな時、お寺や神社を巡ることで、心を少し楽にしてもらえる。この時間がとても自分には大切なのです。そんな自分の負の部分を、やたのからすは見抜いてくれただろうか。

とても小ぢんまりとした神社で、境内は綺麗に掃除が行き届いていて、地元の方に愛されているのだなと感じることが出来る。参道にはとても大きな椋の木が神社を守っていて、木の呼吸が空気に連動し、微かな風が通り抜けた。

この風が、やたのからすの道しるべ。

きっと導いてくれると信じている。

支店開設のお知らせ

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

この度、弊社は2016年11月1日、香美支店を開設する運びとなりましたことをご案内致します。

支店開設を機に、社員一同、より一層精進してまいりますので、今後とも変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

 

[香美支店]

〒669-6544   兵庫県美方郡香美町香住区香住1245

TEL(0796)39-2250  FAX(0796)39-2251