学生の頃、必須科目の講義の間の時間つぶしに哲学を受講していた。

別に単位には関係なかったけれど、時間の隙間を何とか埋めたいと安易な考えから選択した科目が、当時の自分には意外と面白かった。講師の先生は毎回夢見るような眼差しで、遠くを見ながらうっとりとした顔で講義をされる。そのうっとりした姿が自分には何とも面白かったのだ。

けれど、社会人になって一番大切なものは哲学かもしれないと最近は思う。

どんなに知識が多くあっても、どんなに技術が広くあっても、哲学的思考が出来ない人にエンジニアの仕事は出来ないとつくづく思う時がある。毎回学ばなければ、良いシステムにならないのだ。オリジナルのシステムを開発し、ご提供する仕事を何十年も行っているけれど、陥りがちなのは、自分の考えだけをお客様へ押し付けるだけでは良いスシテムには仕上がらないと言う現実。相手の気持ちに立った視点、操作を勉強しなければ、良いものへと仕上がらない。

この夏、短期間でスタートさせるプロジェクトに携わることになり、毎日睡眠時間を削り、休日を削り、カレンダーを睨みながら依頼の開発に打ち込んだ。

けれど、スタートさせた途端、大きなトラブルは発生しなかったけれど、システムの使い心地は、自分の中でだけテストした動作設計に基づいたものであって、使う方の仕事の手助けには足りないものばかり。それでも、今ある機能を使って日々の業務を終わらせて下さるスタッフの皆様に頭が下がる思いで、何とか使い勝手の良いものへと変化させられたらと思いながら、今も追加改修を行っている。

そんな中、先生が、いつも空を見上げ、全てのものにうっとりするような眼差しで、哲学のすばらしさを講義されるのを思い出していた。もし、あの時間に戻れるなら、哲学って大切なことでしたと伝えたいなと考えている自分が今いる。

豊岡市小田井町。小田井神社(小田井縣神社)。

鳥居を抜けた場所で神社を守る木。

毎年、社員一同お参りする神社の一つ。緩やかに時間が流れる神社で、心穏やかになれる神社。

ここの社務所でお守りを頂くのにお迎えくださるご年配の神主さんは、とてもほっこり対応をして下さる。当たり前のことが、当たり前ではない時代。とても暖かく感じるひと時を分けて下さった。

また来年、お参りさせていただきます。

明日

車から降りると、眼鏡が曇り、カメラのレンズが曇り。

この数分前まで、激しい雷雨が京都市内を襲っていて、みるみる道路を2~3cm程度の深さの雨水の幕が包み込む。鼠色一色で覆われた空から、何の屈折も起こらない閃光が数本、地上目がけて走り、大地から湧き起こるかのような重く高い激しい音が辺りを包む。

飲み込まれる。

そんな雰囲気が漂う時間をかき分けながら移動する。このまま車を走らせても、参拝することは出来ないかもしれない。諦めながらも到着した神社。

京都市にある豊国神社。豊臣秀吉を祀る神社。

あれほど恐ろしく響いていた雷も止み、雨も上がり、狐につままれたように車を降りる。

 

歴史に詳しいわけではないけれど、農民(ここは定かではないらしいが、地位が低かったことは確かなよう)から天下人となったと言われる秀吉。この天下人から教えられることは多くある。

「今日せず明日と思ひなば・・・」

明日こそはと思っていては、他に後れを取ってしまう。好機を逃すな。の言葉の一部。

自分も明日があると思う傾向にあって、時間を無駄に使っている。

自分自身、時間の管理をされることがとても苦痛だった。けれど、時間は無限ではない。今やるべきことをやる。それが一番大切なことだと、今さらながら思う。

明日。

それは、今やるべきことをやっている人が得られる時間。

偶然ではあるけれど、神社へ着くなり止んだ雷雨。秀吉らしい歓迎かもしれないと少し嬉しくなる。「今日、参拝しろ」と言われたと思おう。

明日の時間を得る為に。

足跡

てん てん てん。

猫の足跡。

この朱色の社殿に忍び込み、こっそり何かを企んでいる。

けれど、その痕跡を残したまま逃走。

もしもし、猫さん、悪だくみの証拠がここに残っているって気づいているのかな。遠くからこちらを睨みつける猫。思わずかわいらしい証拠に笑ってしまったけれど、真剣な眼差しで睨みつけてくる。次は痕跡消した方がいいかもね。

石川県金沢市。

尾崎神社(金沢東照宮)。

道路に面して中門があり、あまり距離なく社殿が建つ。とても小さな神社。けれど小さいなりにとても豪華な造りの神社。

加賀藩四代藩主前田光高が徳川家康を祀るために建立されたとされる。

とても豪華な装飾や、細やかな細工の社殿が、小さいのに美しく、時が経つのも忘れてしまう。緩やかにのどかに時間が流れる。あちこちに葵の御紋。曾孫のために家康がこの金沢を今も守り続けているのかもしれない。

その力、少しばかり自分にも分けてもらいたい。

もともとは金沢城北の丸にあったものを、明治に移設されたとのこと。

古き時代のものを、簡単に移設してしまうなんて、とても残念で仕方ない。

てん てん てん。

また会えるかな。

 

 

成長

太陽の日差しと言うより、呼吸する空気が熱を帯び、体の表面を隙間なく纏わりつく。

暑い。

車から降り、数歩、それだけでうだるような暑さが襲う。とっさに汗は流れず、少しの時間過ぎてから止まらなくなる。

猛暑の今夏。

金沢市 尾山神社。

前田利家とお松の方を祀る神社。

鳥居を通り見上げると、神門。他の神社では見ることのない洋風な佇まいに圧倒される。一目で心に焼き付く神門。

多くの方が参拝されていて、おみくじを引かれている方が多い。

この神社に祀られている、前田利家は、若かりし日は粗暴な行動が多かったらしいが、年を重ねるごとに人として成長した人物だと言われている。

最初から何でも出来る人より、人生の終焉まで成長を続けられる人の方が魅力を感じる。

そんなことを思いながら拝殿へ向かう。

日々、いろいろなことが目まぐるしく起こる中、疑問に思う日、後悔の念を抱く日、胸を痛める日、矜持を保つ日、三思後行の日、時には佚楽の日など、常に人は複雑な心の動きをしているのだなと思う。

見えない敵も、見える味方も、味方のような敵も、敵のような味方も、人を見抜く力があると、戦国時代を生き抜くことが出来るのかもしれない。現代もある意味戦国時代。けれど、騙されたとしても、またそれはそれだと思う。

それがまた楽しい。

平凡ではつまらない。

そう思う自分がいる。

境内に風が流れ、うだる暑さが一瞬途切れた。

「そうだ」

利家が笑っているのかもしれない。

 

謹んでお見舞い申し上げます

この度、西日本各地で発生した災害により犠牲になられた方々に心よりお悔やみを申し上げますとともに、被災された方々に謹んでお見舞いを申し上げます。被災地域の一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

株式会社コラボラボ

 

先日、岡山に行ったばかりで、その数日後、こんな大きな大雨の災害が起こるとは想像もしていなかった。被災された全ての方の気持ちを考えると、本当にいたたまれない。

自然の猛威に勝てない人の姿を思い知らされることが、本当に多くなった。

この豊岡市にも、市の中心を流れる円山川があり、その日、怖いくらいの雨が降っていて、避難するかどうかを迷っていた一人だった。けれど、夜中の避難であることと、道路を川のように流れる雨水に、避難することの方が危険だと感じたので、自宅で過ごしていた。

恐らく、被災地の方もそんな不安があったり、経験したことのないような豪雨で、急激な川の増水、避難に躊躇された方も多かったのではないかと思う。想像を遥かに超えた猛威の濁流や、土石流が押し寄せ、命を落とすことになった犠牲者の方はどんなに怖かったことだろう。自分ももしかしたらその一人であったかもしれない。生きるとは紙一重なのだと思い知った。

この町はぎりぎりのところで助かった。一部道路の浸水などあったものの、大きな被害とまではいかなかった。

ニュースを見るたびに犠牲者の人数が増え、映像に映し出される被災地は、地獄絵図でも見ているかのようで、心が痛くなる。

先日訪問した由加山蓮台寺。

こんな災害が起こることが分かっていたなら、被害が出ないことをお願いすれば良かったと後悔。もちろん、そんなことで助かっていたとは思っていないけれど、自分の心が楽になるだけの逃げの思い。そんな自分も嫌いになった数日。

怖かったであろう被害者の方々の心が、少しでも穏やかに過ごせる日がくるよう。そして、犠牲になられた方々が、怖い思いをされたままでなく、安らかに眠りにつけるよう導かれますよう。

祈ることしかできないけれど。

 

豊聡耳

同時に複数の方々の話を正確に理解できる人物。

聖徳太子。

今の時代に、こんな政治家がいらしたら良かったのに。

聖徳太子が建立したとされる、日本最初の観音霊場。兵庫県宝塚市にある中山寺。

紫陽花の季節。

あちこちに地植えされているのではないけれど、鉢植えが無数に置いてあり、とても美しく開花していた。

夕方5時前に参拝に訪れた為、本堂まで足腰に不安のある方用のエスカレーターが用意されているけれど、全て停止になっていて、境内の中にある全てのお手洗いも鍵で扉が開かないようになっていた。当たり前のことではあるかもしれないのだけれど、まだ境内の中には子供連れの方やご年配の方が多くいらして、とても残念な気持ちに。自分の思いだけではあるけれど。

それでも本堂まで行き、お参りする。

平穏であればいいなと思う。世界も日本も。

穢れたものが多くあることを知れば知るほど人間の弱さを知る。誰もが最初から穢れたものを心に持って生きてきたのではないと思うけれど、欲と言う名の穢れがいつの間にか掠めて自分を追い詰める。その穢れが大きいか小さいかであって、誰の心にも潜んでいるそれは、時に大きな過ちを犯してしまうことがある。その一歩手前で気づくことが出来る人は、これから先も自分を戒めることが出来るのだろうけれど、過ちを犯してからでは時間は取り返せなくなる。

人を傷つけて楽しい人などいない。だからこそ、気付く強さを持たなければと思う。当たり前が当たり前でなくなった時、自分の中の時間が動き出してしまう。

それは止められない。

聖徳太子のように、10人の言葉を同時に聞いて正しく判断出来る力。

授かりたい。

止められない。だから、動き出す時間が穢れたものでないように。

自分で軌道修正できる人間でありたい。

 

時代を生きる

幽霊の足は消えてしまった。

それは、円山応挙が描き始めたと言われている。そんな時代を生きた人物がいたことの片影に触れることが出来るお寺。

兵庫県香美町にある大乗寺。応挙寺と呼ばれている。

円山応挙は、江戸時代中期に活躍した画家と伝えられている。そんな古き時代に、応挙は写生を重視した絵を描いている。応挙が現れたことで、京都中の絵が写生になったと、ある小説家が本に記している。伝統を重視した時代。快く思わない意見もあったであろうけれど、自分の目に映るものをそのまま描きたいと言う思いが、多くの人の心を奪ったのかもしれない。

真実を伝える。

人に影響を与えることが出来る力。

そんな力を感じることが出来るかもしれない。

大乗寺にはそんな応挙の手掛けた襖絵が多く残されている。

自分たちの仕事は、株式会社と言う組織であり、それは営利目的の会社であるため、自分たちが行った仕事に対する報酬を頂くことで雇用を維持し、運営を維持出来ている。誰かから無償で会社運営費を賄ってもらっている組織ではない。それは、自分たちの仕事に対価が生じるもので、それが会社に関わる従業員の生活を守るものとなる。だからこそ、自分たちの力を向上させる努力をし、必要とされる技術と知識を常に身に着ける努力をつづけている。請け負った仕事に真摯に取り組んでいるつもりでいるけれど、伝わらにことが多い。今の時代でさえ、目に見えない技術や仕組みに対価を要求することを批判されることがある。

日本は難しい。

応挙のように、自分の目に映るものを信じ、伝えられる力を得られるよう、もっと努力が必要なのだなと実感する。

そんな時、応挙は力を与えてくれるかもしれない。

大乗寺の山門を潜るとすぐ左手には、お寺を守る大木が生きている。

木が守る場所。そこにはきっと何かがある。

時を旅する

過去から時を旅する人がいるのなら、この竜宮城を思わせるような美しい造りの建物が時空の扉となって、過去の人々を導き、現代をどう見つめているのかを聴かせてほしい。

あなたならどんな道を選んで歩きますか。

人の心の在り方が大きく変化している現代に、遠い時代を生きる人々なら、何が見えるのか教えてほしいと考えながら歩く。美しいものを造り、伝える力は、どうやって培われてきたのか。今の時代の自分たちの未来が、過去の人々の目には映って見えているのか。

わたしたちは何を失ってしまったのだろう。

どんな人がこの場所に生き、この景色を眺めたのか。歩いていると、現代の人々がいつの間にか900年前の装束を纏った人々に姿を変え、行き交っているような錯覚と、そんな空想の世界を目にしたかのようで、時を旅した気分になる。

平等院鳳凰堂。十円玉に刻まれているのと、鳳凰は一万円札にも印刷されている。

昔の時代の人々の、心の声にそっと耳を澄ましてみる。

 

 

 

 

 

IT導入補助金対象 販売管理システム「COLABOON」登録

昨年度に引き続き、IT導入補助金対象ツールとして販売管理システム「COLABOON」を登録しています。

オリジナル販売管理システムで、カスタマイズ可能。

ただし、補助金は申請が必要となり、公募期間があります。

常に公募されている補助金ではありませんので、ご注意下さい。

詳しくは弊社までお問い合せ下さい。

軽減税率対策補助金対象POSレジシステム「COLABOON POS」販売開始

この度、株式会社コラボラボは、お客様からのご要望により、軽減税率対策補助金対象POSレジシステム「COLABOON POS」を販売開始しました。

2019年10月よりスタートする10パーセントと8パーセント税率完全対応レジ。

A-4型POSレジシステムとして登録されています。

カスタマイズ可能。基幹システムとの連携可能。

補助金申請期限は2019年12月16日まで。但し、補助金はお支払いが先行しますので、2019年9月30日までにお支払いが完了しているものが対象になります。

詳しくは弊社までお問い合せください。