時間との闘い

空模様もよく、ドライブ日和だったので、車を走らせてたどり着いたお城。

思っていたよりも天守は小さかったけれど、何だかものすごい人・人・人。どうやら、築城410年祭の最中だったよう。

知らずに天守内見学の列に並んでいて、待ち時間2時間。夕方6時頃になってしまう。もう辺りは真っ暗になる時間。残念ではあったけど、見学を諦めることに。また、次の機会があればにしよう。

天守の裏に回って降りることにしたら、そこにはすごい石垣。天守は見学出来なかったけれど、それ以上に感動。

どれくらいの人の力が、この石を積み上げて行ったのだろう。

昔の人々は、本当に我慢強く、力を合わせてコツコツと、頭の下がる作業をやり遂げられたのだなと思いを馳せる。

彦根城の内堀を周るだけでもかなり距離があって、汗ばみながら一生懸命歩く。

途中、秋に咲く種類の桜がちらほら咲いていて、心に癒しを。

琵琶湖を周って帰路に就く。

冷たい風が頬を掠めた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です